仕事で大切なこと

マッサージ師として仕事をする上で、一番大切だと思うことは、利用者の方たちに親身になって接することだと思います。人が相手となる仕事なので、ちょっとした言葉や態度によって、結果は変わってきます。利用者の方たちが気分よく過ごせるように心がけることが大切だといえるのです。そして、そのためには、言葉遣いなどにも気を配ることが必要になるのです。

massage-1015569_6402

マッサージ師という仕事は、利用者の方たちに代わって、掃除や洗濯などをおこなうのです。そして、利用者の方たちの家に上がって仕事をすることになるのです。家族以外の人を家に上げるということは、とても勇気がいることです。しかも、洗濯や掃除をしてもらうということは、すごくプライベートに関わってくることでもあるのです。マッサージ師として働くならば、こういったデリケートな部分にも配慮して仕事をしたいものです。

また、利用者の方たちは、話し相手として、マッサージ師の訪問を楽しみにしていたりもするのです。そういった気持ちにも添えるようにするといいと思います。特に、一人暮らしのお年寄りは、話し相手が欲しいと思っていることが多いのです。そういったことも理解しておくといいと思います。

そして、自分が必要だとされていることが実感できるようになれば、それがマッサージ師の仕事をする上でのやりがいになるのです。やりがいというものを感じられるようになれば、多少つらい仕事でも頑張ることができるようになると思います。