苦労と楽しみとやりがい

back-pain-1491803_6401
マッサージ師として働き始めて実際に感じたのは、とても体力がいるというということ、同時に精神的にもかなり強くないと疲れてしまうことがあるということです。毎日お年寄りを相手にして最初は楽しいのですが、やはりいろいろとわかってくると性格的に難しいタイプの人も多く、なかなかこちらの言うことを聞いてくれないし、好きなことを一方的にしゃべるというくせがありますのでその相手をするのも大変です。トイレやお風呂など力がかなり必要ですし、そうした面でのお世話を毎日するのも容易ではないと感じる事が確かにあります。とはいえ、とってもかわいいおばあちゃんがおじいちゃんもいるので、そうした人たちと接すると、ときに癒されたり温かい雰囲気になったりしてそれはいいものです。

確かに耳が遠かったり、なかなか動けなかったりわがままと思うような言動も多いお年寄りですが、長い人生経験を積んできている人たちですので、それ相応の敬意を示す事が必要であり、その点では努力をしていますが、時に難しいと感じることはあります。それでもマッサージ師というのは、直接そのような人たちに触れてお世話をすることであり、やがては自分もお世話される立場になるのだろうと考えると、できるだけ相手が喜ぶような接し方をしていきたいですし、そうすることでこの仕事にやりがいを見いだしていきたいとも思っています。仕事はたくさんあり、忙し過ぎるほどですが、とても楽しいいい経験も毎回しています。